« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »

おせち料理・鯛の昆布じめ

今日も一の重から冷凍おせちを紹介します。

一の重shine

46063_w4xiji1c3

今日は市松かまぼこの右、鯛の昆布じめ。 これは初めて作ってみたのですが、んまかった! 12月の中頃に、鯛のお刺身が1パック250円と激安だったので、そのときに作っておきました。 年末だと高くなってしまいますもんね。 あ、でも、31日に詰めたのはいいのですが、翌日にはちょっと生臭くなってしまっていたので、食べるときに解凍するのがおすすめです。 解凍には2時間くらい見ておいたほうがいいので、早めに出しておきましょう!

shine鯛の昆布じめshine

■材料 つくりやすい量

鯛(刺身用) 300g
昆布 30センチ×2枚

◎つけ汁
酒 カップ1/3
酢 おおさじ2

■作り方

たいはそぎ切りにして塩小さじ1/2を全体にふり、10~15分おく。 →今回は刺身用に切ってあるものを購入しました。

昆布は堅くしぽった濡れ布巾で汚れをとり、あわせたつけ汁に柔らかくなるまで浸す。 汁けをふく。

鯛の汁けをふき、2のつけ汁適量をかける。

2の昆布を広げ、3の鯛の汁けをきってのせ巻いていく。 ラップで包み、保存袋にいれて冷凍する。

■解凍・調理

自然解凍して鯛を取り出す。 お好みでしょうゆやわさびを添え、巻いていた昆布を刻んでのせる。 ※お酢の味が上品でおもてなしにもオススメです!

おせち料理・かまぼこの飾り切り

昨日に引き続き、我が家のおせち公開中です。 例年、買ってきたものを詰めるだけで終わりなのですが、それが結構あまるんですよね・・。 縁起ものなのだろうけれど、今の人たちは(私も含めて)そういうのを食べるのに馴れてないせいでしょうか。 ということで、今年は「食べきれるおせち」を目指して、「きょうの料理12月号」をもとに”できるだけ”手作りにしてみました。

一の重shine

46063_w4xiji1c2

手作りを主張しておきながら、今日は「かまぼこの飾り切り」を紹介します。 写真の中央の市松柄。毎年、かまぼこに松や竹などが描かれたものを買うのですが、今年は普通の赤と白のを買いました。 なぜかというと安いからです。それを市松模様に切って豪華にみせかけました。 味は同じ・・じゃないんだろうけど、私には味の違いがわからないので、これで十分。

方法は簡単です。 かまぼこを縦1センチくらいの感覚で包丁で切り込みを入れていきます。 縞模様になるようにかまぼこを削ぎ、幅1センチくらいの感覚で切ります。 市松模様になるように少しずらして並べればできあがり。 他にもいろいろありましたが、今年はこれでおしまい。 また来年頑張ります。

おせち料理・紅白なます

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いしますshine

年末に予告したとおり、今年は冷凍庫を活用したおせち料理を作りました。
例年、できたものを買ってきて切って詰めるのがほとんど。
煮物などすこしは作るものもあります。
大晦日にいっきに作るとガスコンロも不足しますし、鍋も足りなくなってきます。
ということで今年は前もって作れるものは作っておこう!ってことで頑張ってみました。
普段作らないものにも挑戦してみましたよ。

一の重shine

46063_w4xiji1c

そういえば、品数が偶数になってはいけないんでしたっけ。
そんなこと考えずに詰めてた・・・これを見る限り、一の重は大丈夫そうですね。
小分けにする容器がなく、アルミホイルで失礼いたします。

だて巻きは市販のものを切って詰めただけ。 
黒豆も市販のレトルトみたいなものを開けてつめただけ。 
数の子は塩数の子を購入し、塩抜きをしただけ。 
ちょっと塩が抜けすぎてしまいました。

shine紅白なますshine

■材料 作りやすい量

大根 250g
にんじん 50g

■作り方

大根・にんじんは皮をむき、5センチ長さに切ってから2~3ミリ角の細切りにする。 →と書いてありましたが、そのへんは適当に・・・短冊に切りました。

↑を別々にボウルにいれ、大根に塩こさじ2/3、にんじんに塩こさじ1/5をふってよく混ぜ合わせる。 →と書いてありましたが一緒にボウルにいれて適当に塩を振りました。

しんなりしたらそれぞれ水カップ1~2を加えて洗い、ふきんなどに包んで、水気を堅く絞る。

それぞれを平らにしてラップで包み、保存袋にいれて冷凍する。 →と書いてありましたが、で一緒にしてしまったので・・一緒に包んで冷凍しておきました。

■解凍・調理

冷凍した大根・にんじん 全量
◎甘酢
砂糖・酢 各おおさじ1と1/2
水 おおさじ1
塩 こさじ1/4

■作り方

鍋に甘酢の材料を入れて火にかけ、煮立ったら火から下ろす。 
冷凍した大根とにんじんをいれ、時々混ぜて解凍し、味をなじませる。

漬けこみ中。

Dsc00016

■ポイント

凍ったままあたたかい甘酢に入れるので、冷めるまで待つ手間もないし、とっても楽ちん!
冷凍するといつもよりシャキシャキ感がでるし、これは普段のごはんにもお漬け物や箸休めのような形で使えるな~と思いました。 
オススメ!

豚しゃぶの残りで雑炊

年末年始の休みに入ってからはお鍋が多い。 お鍋は食卓にカセットコンロを置いて煮ながら食べるのですが、どうも部屋の照明が暗いらしく、うまく写真が撮れません。 豚しゃぶの残りのだしを翌朝、雑炊に。

Dsc00015

味付けは塩程度。 とき卵で少し蒸らして、のりをちぎって乗せました。

鶏のからあげ

鶏のからあげがちょっと上手にできるようになったので、また作っちゃいました。

Dsc00011

鶏肉の分厚いところにしっかり切りこみを入れておけば、高温・短時間で家庭でもしっかりおいしくなります。 梅干しをいれて油をサラサラに保つのもポイント!

鶏のからあげのコツの過去記事

玉子とスパムのチャーハン

さてさて冬休みです。
年末なにかと忙しい中、小学生の娘のごはん作りという仕事も増えています。

Dsc00014

だいたいチャーハンとかラーメンとか、そうでなかったらマクドナルドとか、そんなんが多いです。

お焼きいろいろ

フライパンで簡単にお焼きを作ってみました! お好み焼きを作るほどの体力はないが・・・というときにお勧めです。

たまねぎとスパムのお焼き。

Dsc00010

表面に鰹節をのっけてひっくり返して焼くと、片側がパリパリになって美味!

キャベツとスパムのお焼きも。

Dsc00013

野菜だけでもおいしくできますが、ハムやスパムなどのたんぱく質を一緒に混ぜ込むとさらにコクが出ておいしい気がします。 野菜はなんでもOK! → ◎玉ねぎのお焼き by MIYA缶

« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

favorite

価格.com

  • 価格.com ブロードバンド
無料ブログはココログ

広告

  • 2013/07/26~2013/10/26
    ウォレットをお探しならLeather Craft .優 探偵を札幌でお探しならアトム調査事務所 長期保証ならプロダクト・ワランティ・ジャパン クッキーのお取り寄せなら「HOKORO~ほころ~」 ジェルネイルで大阪ならSAKURA NAIL 酵素飲料をお探しなら酵素飲料おすすめランキング 著作権フリーの音楽の購入ならBGM CD SELECT SHOP 富山でカイロプラクティックといえばH&Bカイロスタジオ 緊急避妊を難波でするなら女性ホルモン専門外来サイト
  • 2013/07/19~2013/10/19
    富山への引越しはsumo-yo富山 補正下着ならシャンデール 補整下着ならシャンデール 電動のこぎりを購入するならロトレーザー 印鑑の通販ならネットスタンプ 転勤留守宅管理ならリロケーション 富山でマンションをお探しならsumo-yo モンゴルの輸送は東海運 東京で会社設立ならアイリス税理士法人 ITコンサルティングなら青山システムコンサルティング
  • アドガー
    アフィリエイト